Q. 発足はいつからですか?

A. 2015年5月8日からです。母親に感謝を伝える「母の日」にあわせて発足しました(企業による施策のため、直前の営業日である5月8日に発足となりました)。

Q. 自分の会社にもパパの公休日を導入してほしいです。どうすればいいですか?

A. 当プロジェクトはいつでも賛同企業の加入を募集しています。あなたの会社で検討してもらえるようご担当者様に相談してみてください。また、「パパの公休日」は会社から付与されている年次有給休暇を取得してお休みをします。ぜひ、個人的に「パパの公休日」を取得し、その感想を社内に伝えましょう。あわせて会社を、社会を変えていくためにパパのチカラをかしてください。

Q. 1歳の誕生日をこれから迎えるママですが、これはパパだけのお休みなのですか?

A. いいえ、違います。プロジェクトに加わる企業では、1歳の誕生日を迎えるパパだけでなく、ママにも有給休暇取得を奨励し、「一生に一度しかない初めての誕生日」をお祝いすることを応援しています。

Q. 二人目の子どもでも対象になりますか?

A. はい、なります。お兄ちゃん、お姉ちゃんも一緒に家族みんなでお祝いしてあげてください。

Q. なぜ公休日と記載しながら有給休暇取得なのですか?

A. はい、そうです。新たに休みを設定してしまうと、お子さんのいらっしゃらない方にとっては不平等が起こってしまいます。各社社員の全体の幸せを考えた時に有給休暇を取得としました。厚生労働省「平成26年 就労条件総調査」によると、企業が付与した年次有給休暇の取得率は48.8%と言われています。ワークライフバランスの改善に向けて有給休暇の取得を増やすことが課題となっています。